読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

gdal_merge を探せ!

GIS

Pythonも無事見つかったことで、ようやく数値標高データの出番です。

数値標高データを取り込んでみました。
http://matsu.hatenadiary.jp/entry/2013/09/17/153941

python探して三千里。
http://matsu.hatenadiary.jp/entry/2013/09/25/153008


先輩に教わった呪文はこちら。

dir /b /s *.tif > tiff_list.txt
python gdal_merge -o out.tif --optfile tiff_list.txt


1)C:\mext_gdal以下にダウンロードした数値標高データを展開。
2)mext_gdalに同梱のgdal.batからコマンドプロンプトを開きます。
3)マージしたいtifファイルを「tiff_list.txt」にフルパスで記述してpythonからgdal_merge に食わせます。

やってみましょう。

C:\mext_gdal\FG-JPS-5941-07-DEM5A>python gdal_merge -o out.tif --optfile tiff_li
st.txt
python: can't open file 'gdal_merge': [Errno 2] No such file or directory


gdal_mergeがみつからないとねー?

パソコンの中をぜんぶひっくり返して探してみましたが、そんなものはないと。


もういっかいヒントはないか探してみると、、、

GRASS/QGISの統合インストーラ
windows環境で稼働する日本語版のGRASSとQGISを一括してインストールすることができます。また、ソフトウェアの改修も一部施しておりますので、より使い勝手の良いものとなっております。
当インストーラにて導入されるGRASSとQGISのバージョンは次の通りです。
GRASS V6.4
QGIS V1.6

FOSS4G を活用した衛星データ利用のためのオープン・リソースの構築
http://www.osgeo.jp/foss4g-mext
/

GRASSとQGISがあれば動くのかも?かも???

QGISをインストールしてみたら・・・

f:id:MATSU:20130925173026p:plain


gdal_merge、きましたきたきた!!!

C:\mext_gdal\FG-JPS-5941-07-DEM5A>python gdal_merge -o out.tif --optfile tiff_list.txt
python: can't open file 'gdal_merge': [Errno 2] No such file or directory


gdal_merge、あるのに見つからないとはどうしてなんだろう???

gdal_mergeのあるとこから実行してみましょう。

移動して、あるのを確認して、

c:\OSGeo4W\bin>dir gdal_merge*
 ドライブ C のボリューム ラベルがありません。
 ボリューム シリアル番号は C261-FE45 です

 c:\OSGeo4W\bin のディレクトリ

2012/03/18  05:01                46 gdal_merge.bat
2012/03/18  05:01            16,467 gdal_merge.py
               2 個のファイル              16,513 バイト
               0 個のディレクトリ  355,385,962,496 バイトの空き領域


あるよね?

c:\OSGeo4W\bin>python gdal_merge -o out.tif --optfile tiff_list.txt
python: can't open file 'gdal_merge': [Errno 2] No such file or directory

あるのにダメってこれいかに???

pythonから呼んでみよう。

c:\OSGeo4W\bin>python gdal_merge.py -o out.tif --optfile tiff_list.txt
Traceback (most recent call last):
  File "gdal_merge.py", line 36, in <module>
    import gdal
ImportError: No module named gdal


なんとーーー???

バッチファイルを呼んでみよう。

c:\OSGeo4W\bin>gdal_merge.bat -o out.tif --optfile tiff_list.txt
python: can't open file '\bin\gdal_merge.py': [Errno 2] No such file or director
y


うううーーーーん?????
何かが根本的にまちがってる???

ちょっとコーヒー飲んでおちつきましょう。

もう一度なにかヒントになりそうなものを探しましょう。。。


f:id:MATSU:20130925174937p:plain


これか???


gdal_mergeのいっこ上のディレクトリになんだか大事そうなバッチファイルがあります。
アイコンが用意されてるってことは、ひょっとしてここが入口なのかも???

バッチファイルの中身をみてみると、、、なんかビンゴっぽい匂いが。

実行すると、コマンドプロンプトが立ち上がりました。

あっ!

f:id:MATSU:20130925175354p:plain


gdal_merge、ありますね!

打ってみましょう。

C:\OSGeo4W>gdal_merge
No input files selected.
Usage: gdal_merge.py [-o out_filename] [-of out_format] [-co NAME=VALUE]*
                     [-ps pixelsize_x pixelsize_y] [-tap] [-separate] [-q] [-v]
[-pct]
                     [-ul_lr ulx uly lrx lry] [-init "value [value...]"]
                     [-n nodata_value] [-a_nodata output_nodata_value]
                     [-ot datatype] [-createonly] input_files
                     [--help-general]


C:\OSGeo4W>


これっぽい!!!


んでは、tifがあるところに移動して呪文実行!!!

C:\mext_gdal\FG-JPS-5941-07-DEM5A>python gdal_merge.py -o out.tif --optfile tiff
_list.txt
python: can't open file 'gdal_merge.py': [Errno 2] No such file or directory


ありゃっ!?

・・・これは、うーん、ひょっとして。

C:\mext_gdal\FG-JPS-5941-07-DEM5A>gdal_merge -o out.tif --optfile tiff_list.txt
0...10...20...30...40...50...60...70...80...90...100 - done.

きたああーーーー!

2013/09/25  16:21         1,216,567 out.tif
2013/09/24  17:53               576 tiff_list.txt

できてるーーーー!!

んでもって、これをArcGISにくわせてみる。


できました!

なめらか標高データです。


f:id:MATSU:20130925175945p:plain


先輩、ありがとうございました!!!