読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シュマリ

読書

重ね煮を煮ながら読みました。

手塚治虫の「シュマリ」
中学生ぶりだから、20年ちょっとぶりくらいの再読です。

シュマリ (上) (角川文庫)


このまんが。北海道の開拓をカッコ良く書こうとしたら
アイヌの滅亡と出会い、悩みながら書いたのだそうです。

シュマリが開拓した土地、石狩平野
中学生の頃住んでいた場所です。

社会科の副読本は「わたしたちのまち、いしかり」だったかな?
最初にアイヌの人達が紹介されていて、顔に入れ墨を施し
こちらを睨みつける写真がなんだか怖かったのを覚えています。

このいま立っている地面の下には泥炭層があり、かつては原野だった事
石油のしみ出す沼があり、開拓初期のイナゴの害の恐ろしさ
馬との出会い、炭坑の奴隷的労働、札幌のなりたち、といったことが書いてありました。

それについては、ふーんそうなんだとしか思えなかったのですが
シュマリを読んだ時にはじめて「わたしたちのれきし」に
血が通ったような感じがしたのでした。

とはいえ、まだ中学生ですから、
気に入らねーヤツをバッサバッサとなぎ倒し!
これでもかの困難を豪腕マッチョでやっつけて!
くそー自分もカタナにテッポウがほしいほしい!!!
っと廚二らしく思ったわけです。

今この本を読むと、南部芸者のねば強い美しさ
牛込神楽坂の風景、災害に立ち向かう人達がオーバーラップしてきて
忘れられない愛の事や、いわゆる成功はしないけれど心地よく生きている人の事
嘘なのか、思いやりなのか、、、そうしたさまざまな事が織り込まれていて、
そういうものが分かる年になったんだなあと思いました。