読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鬼が島(片道30分)にいってきました。

さてさて、学会が終わって少し時間があったので、高松の町を見て歩きました。
そしたらですね!なんと鬼が島に行けるっていうんです。
しかも片道30分。フェリーですぐですよーとのこと。
 
これは行くしかないですね!
 
フェリーは高松の町中からぽーんと乗れちゃいます。
バスにのるくらいのお気楽さです。
 
f:id:MATSU:20131108145230j:plain
 
 
あっとゆーまです!
 
「鬼の洞窟行きのバスはこちらでーす♪」
 
 
f:id:MATSU:20131108145441j:plain
 
 
懐かしい感じのバスにのってぐるぐると山を登ります。
 
 
f:id:MATSU:20131108145347j:plain
 
 
バスをおりるとお土産屋さん。
ええっと、なんか時間、とまってませんか?
 
f:id:MATSU:20131108145415j:plain
 
わーお。
すっかり征伐されたもようです。
 
f:id:MATSU:20131108145528j:plain
 
 
今の時期は国際芸術祭なるものがやっていて、入場料が300円なんだそう。
 
f:id:MATSU:20131108145458j:plain
 
はいります!
 
ゴッチーーーーーン!!!
 
さっそく頭をぶつけてる人が続出(笑)
 
f:id:MATSU:20131108145556j:plain
 
 
ここが鬼のリビングだそうです。
天井を見るとノミでコツコツと削った跡があり、たしかに人が住んでいた気配があります。ほんの1000年程前まで、ここで生活して、酒盛りして、わいわいと楽しくやっていた。ひんやりして、じめじめして、おそらく人いきれでもわっとした空間。。。
 
 
 
ここで、カタツムリが進化するという芸術を見ました。
もっと違う世界にきたみたいなオカシな気分になってきます。
 
f:id:MATSU:20131108145619j:plain
 
 
その隣のスペースです。鬼がつかまえて来た獲物をどーこーした場所だそう。
仏壇は明治以降のもので、ここで祈る為につくったのだそう。
背中がぞくぞくします。
 
f:id:MATSU:20131108145649j:plain
 
 
んで、その隣がこんなだ!!!
 
「桃太郎のヤツがやってきましたぜ!」
 
f:id:MATSU:20131108145709j:plain
 
 
「えいえい、桃太郎め!成敗してくれる!!!」
 
f:id:MATSU:20131108145729j:plain
 
 
そんなこんなの洞窟探検でした!
外はこんなに気持ちがいい〜^^
 
f:id:MATSU:20131108145747j:plain