読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

遠野パワースポット巡り・序

「遠野はパワースポットだらけなんだって!」
「よーし、じゃあいってみよう(^◇^)」

という訳で、行ってきました!

まずは恋愛運アップに効くという「うねとりさま」へ。
ところが行けども行けどもつきません。
ようやく見つけた看板は、車じゃ無理そうな細い道をあがっていけと、、、
丘のてっぺん程洞神社とセットであるらしい、けど、、、

「これって本物すぎるよね、、、」
「女子が気楽にいっちゃ行けない感じがするよね、、、」

というわけで、次のパワースポットへ!

f:id:MATSU:20131230172832j:plain


「ガイドには五百羅漢」からあるいてすぐってある」
「じゃあまず、五百羅漢からさがそう!」

しばらく車を走らせると小さい看板がありました。


[←五百羅漢  卯子酉様→]

「あったあ〜」
「いってみよう!」

というわけで、まずは五百羅漢へ。
杉の林に涼やかな小川、ごろごろした岩場を登って行きます。

f:id:MATSU:20131225132559j:plain


これがなんとも、しんとした空気で。
なにもないけれど、神聖な感じがしたのでした。

f:id:MATSU:20131225132615j:plain


ところが、行けども行けども神社や仏閣らしきものは見当たりません。
谷には五百羅漢苔むした岩がごろごろしていて、仙人や神様が住んでいそうな雰囲気です。

「うーん、こりゃまちがっちゃったかなあ」
「確かにここが五百羅漢のはずなんだけど」
「これ以上行ったらあぶなそうだよ。」
「仕方ない、帰ろうか」





「あっ!」
「ええっ、これかひょっとして!!!」


五百羅漢、見つけました。
ひとつ見つかるとあっちにもこっちにも。


五百羅漢は昔々、飢饉におそわれ亡くなった方の無念をなぐさめるために、旅のお坊さんが作って行ったのだそうです。

ぜひ、見つけておおっとおどろいて頂きたいので、写真はまた別の機会にアップしたいと思います。


さて、お次は卯子酉様へ。


[←五百羅漢  卯子酉様→]


宮沢賢治が出てきそうだねー」
「うちの田舎もこんな感じだったよー」

てくてく10分程歩いて着きました。


f:id:MATSU:20131225132628j:plain


「おぉー!!!」
「これは、これは、、、」

赤い布には、⚪︎⚪︎さんとお付き合いできますように、すてきな結婚ができますように、と様々な願いが綴られていました。

ここに願いを書いて左手で結ぶとその願いが叶うのだそうです。

ある友人の話で、一緒に行って真剣に願った方は本当に一年程ですてきな結婚ができ、テキトーにいい人と出会えたらいいなと願った友人はテキトーな人と出会えたとか笑 

f:id:MATSU:20131225132641j:plain


さて。真剣に左手で結んだら

[↑愛宕神社

ここは火除けの神様だそうです。消防団のみなさまにお世話になってきたので、今後ともヨロシクとお願いしてきました。


f:id:MATSU:20131225132700j:plain


さてさて、Facebookからパワースポットめぐりをするならココにも行かなきゃ!と聞いてきました。

遠野八幡宮です。

f:id:MATSU:20131225132716j:plain

あいにく日がくれてきたので、ちょこっとしかお参りできませんでしたが、広い境内に立派な鳥居、午年に向けての準備でいっぱいの境内でした。

さてとの、一休みに駅へ。


f:id:MATSU:20131225132736j:plain

かっぱらっしゃいまっせ〜(^◇^)

f:id:MATSU:20131225132747j:plain

かっぱ喫茶のんのんでカッパチーノを頂いて!

元祖ジンギスカンのあんべさんで
ジンギスカン食べ放題とベアレンビール飲み放題の宴でカンパイして!

f:id:MATSU:20131225132801j:plain

うんまぁー(^◇^)

f:id:MATSU:20131225132819j:plain

遠野めちゃくちゃおもしろいじゃん!!!
盛りだくさんな一日になりました。


またいこう!!!