読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日から私もインディアン!

脳に水が貯まる障害と、歯が48本生えて口が閉じられない障害。
その日食べるにも困るほどの貧乏暮らし。その上インディアンで居留地から出られない。
すさまじいイジメに、アル中薬中のご近所さん。ゴミみたいな一生を繰りかえす運命。

それでも、まーったくそんな事(気にするけど)サラリとかわして生きて行く。

はみだしインディアンのホントにホントの物語 (SUPER!YA)

はみだしインディアンのホントにホントの物語 (SUPER!YA)


かっこいい!!!

こないだの「隣のアボリジニ」と同じです。こっちの物語は中の人からのレポートだけれど・・・。

この子がすごいのは、理不尽のオンパレードなのに、まったくその事を恨まない事です。
親友に裏切られてギッタギタにされても、いつかきっと笑いあえるって信じている。
家族が悲惨な目にあって亡くなっても、幸せだった事を信じている。
バスケの試合でかつての母校のチームにコテンパンにやられても、勝ってやる!って信じている。

こんなに酷い目にあったら、ムカついたり、恨んだりするのが普通でしょう。
だけれども、ひとかけらもそんな事を思わない。
それが昔ながらのインディアン精神なんだっていう。

私の場合、ムカつく事があったらしばらくメラメラしています。
ほんとーに酷い目にあったら何年も思い出しムカムカしています。
だけど、その酷い事ってこの本に書いてあるほどのことじゃない。

あーその時間、勿体なかった!!!

それにしても、差別、抑圧、貧困、、、容赦ないことこの上なし。
笑いと涙と感動の物語に、インディアンの置かれた歴史と境遇が織り込まれていました。

インディアン精神を発揮した先輩達が打ち砕かれるシーンがあります。
昨日まで意地悪をしていた人達が、どん底から手助けしてくれるシーンがあります。

いまは支配され、恐怖心を植え付けられて、追い込まれているけれど
インディアン精神を思い出せば、希望をつかむことができる。

よーし、今日から私もインディアンになろう!!!